big-fish07[1]
CGか!?と見間違うほどの巨大魚たちです。
big-fish03[1]
big-fish04[1]
big-fish06[1]
big-fish07[1]

p2
「ギョギョギョ!!」
~ さかなクン について、さかなクン

さかなクンさん(1975年8月6日-)とは、オカマ科の回遊魚の一種。唯一日本語を理解する魚類であり、最も魚のことを知っている。

上陸まで


若き日のさかなクン

さかなクンはハコフグであり、長く海中で暮らしてきた。もともとは珊瑚礁に棲んでいたが、旺盛な知識欲から回遊魚になることを決心し、以後日本近海を中心に世界中の海を泳ぎまわる。ハコフグは越冬することが難しく成魚になることが稀であるが、さかなクンは日本で冬が来る前に赤道近辺やオーストラリアまで泳いで行くなどして越冬を重ねて生き延びた。2008年2月、ハコフグとしては驚異的とも言える33回目の越冬を経た。

大航海時代のオウムと同じように、世界の海を巡ったさかなクンはいつしか人語を理解するようになった。とりわけ日本近海にいることが多かったため、専ら日本語を話す。またルドルフとイッパイアッテナのように絵や文字を書くことを覚えた。12回目の越冬を迎えたころには魚類界ではかなりの高齢であり、その人生経験ならぬ魚生経験を生かして、気難しいカブトガニの育ての親にもなった。

また見識の高いさかなクンは人間による海洋汚染を懸念し、在陸特命全権大使として日本の首都千葉県への上陸を計画。そのへんを歩いていた宮澤正之を乗っ取り上陸を成功させる。栄養や酸素を宮澤の肉体から供給しているため、人間の寿命まで生きられるようになった。

最近は護星天使と共闘して海を護る姿も確認されている。

引用:アンサイクロペディア